2007年09月13日

西沢渓谷を歩く!


7/22に大菩薩嶺に登り、大菩薩ラインを通り
笛吹川温泉で汗を流し
道の駅 花かげの里 まきおか に移動したカラッチ隊!
翌23日に西沢渓谷を歩き、森林浴を満喫しました。

西沢渓谷トレッキングコース
(以下・・・画像をクリックすると拡大表示します)

nisizawakeikoku_29.jpg

山梨・長野・埼玉3県の県境に位置する西沢渓谷は・・・
コースを1周すると、所要時間は約4時間から5時間位です。
笛吹川上流の美しい滝や瀞、奇岩など見ながら約9km歩きます。
滝を見ながらのこのコース・・・
かなりな登りもあり、滑り易いところもあるので
きとんとしたトレッキングシューズで歩くといいでしょ〜

みとみ道の駅に車を置いて、舗装された道を渓谷に沿って歩くと
ゲートがあり、これより先は車は入れないようです。
案内板に従って直進すると、西沢渓谷へと
入って行く山道となります。
途中、甲武信ケ岳・戸渡尾根コースと徳ちゃん新道の
登山口がありましたよ!

nisizawakeikoku_5.jpg

二股吊り橋を渡り、少し歩くと大久保の滝が見えてきました。

nisizawakeikoku_4.jpg

ここからは、美しい滝がが次々と現れま〜す。


三重の滝には、滝見台があり
そこに立って滝を眺めることが出来ます。

nisizawakeikoku_17.jpg nisizawakeikoku_19.jpg

渓谷美に酔いしれながら、滝を満喫しながら歩いていると
グリンシャワーも一杯で凄く気持ちいいです。

nisizawakeikoku_25.jpg nisizawakeikoku_32.jpg

やがて人面洞と言う・・・
長い間の水の流れによって岩肌に刻まれた
人の顔のような、何だか心霊写真かと思えるような
奇妙な滝というか渕に出てきました。

nisizawakeikoku_78.jpg

一段と大きな滝音が聞こえてきました。
ここは貞泉の滝だそうです。

nisizawakeikoku_24.jpg

やがて母胎渕と言う見事な甌穴がありました。
甌穴とは・・・沢の中の洞穴だそうですよ。
水の色は、何処までも澄みきった深い蒼色でした〜
じっと見ていると吸い込まれそうな錯覚に陥りま〜す。

nisizawakeikoku_33.jpg

途中に三匹のカエルが重なったように見えると言う
カエル岩がありました。
その近くには、本物の大きなカエルもいて吃驚!

nisizawakeikoku_40.jpg

続いて、竜神の滝で〜す。
こちらの滝も見事でしたが・・・

nisizawakeikoku_52.jpg

そうしてこんな道を登って、辿り着いた先は・・・

nisizawakeikoku_42.jpg

西沢渓谷の一番奥にある・・・
西沢渓谷のメイン 
七ツ釜五段の滝で〜す!

nisizawakeikoku_43.jpg

それでは、じっくりとご覧下さいね。
(面倒でもクリックして、その迫力を見て下さいね)

nisizawakeikoku_62.jpg nisizawakeikoku_57.jpg

この五段の滝・・・散策路から写真を写すと、
道幅が狭くて後ろに下がれず、二段と三段にしか写らない
そうですが・・・
カラッチ隊、決死の覚悟で四段写してきちゃいました〜
あの時地震でもきていたら、この滝壺に真っ逆さまでしたよ!
(^^;^^;^^) アセアセ

nisizawakeikoku_63.jpg nisizawakeikoku_61.jpg

名前の通り・・・滝が5段に滝壺に落ちて行きます。
その様は見る者を圧倒するほど、素晴らしい滝でした。
このような力強く美しい滝は初めてでした。。
\('∀'*)感動(*'∀')/

nisizawakeikoku_64.jpg

最後に不動の滝を見て、階段を登ります。
そこが折り返し地点で、カラッチ達はなだらかに下る
軌道跡の道を下っていきました。

nisizawakeikoku_45.jpg

途中には、大展望台と言われる所もありましたが・・・
ガスが出て来て展望は望めなかったで〜す!
晴れていれば、石搭尾根や鶏冠山など素晴らしい
展望が広がっていたことでしょ〜

nisizawakeikoku_69.jpg

西沢渓谷、秋の紅葉の頃に歩いてみたいですね。。

カラッチ隊の「 2007年夏山旅・速報&行程表



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ ← ここ歩いてみたい!
posted by カラッチ at 21:33| 広島 | Comment(11) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わぁ〜素敵な写真ばかりで画像からマイナスイオン出まくりですね!
濡れた岩肌と緑のコントラストが素敵♪

カラッチが歩いた時も水量が多そうでしたね〜母胎淵あたりだったか?道が水没してくるぶしあたりまで来ちゃったの思い出しました^^;
Posted by 千春 at 2007年09月13日 23:01
千春ちゃ〜ん、西沢渓谷見てくれて有難う〜♪

渓谷沿いを歩くと、何だか癒されるよね〜
マイナスイオンたっぷりだからだね。。

>カラッチが歩いた時も水量が多そうでしたね〜
うんうん、水量が多くて滝の水が飛んで着そうな所もあり、急いでカメラ修めて歩いたよ。
千春ちゃんが歩いた時、母胎淵あたりの道が水没してたの〜(^^ゞ
Posted by カラッチ at 2007年09月13日 23:26
西沢渓谷!
以前、大弛峠から国師ヶ岳に登った時、途中に(西沢渓谷)の案内標識がありましたが、山ねずみは良く言うように(ピークハンター)なので滝や花を目的に行く事はありません。
その先にピークがないと、、
ピークへの登山の道中で滝や花を見るのはいいですが?
Posted by 三重、津、山ねずみ at 2007年09月14日 04:31
カラッチちゃんおはよう。

西沢渓谷は一度しか行った事無いけど
紅葉の時期はそれはそれは凄い混み方でしたよ。

素晴らしい滝がいっぱいあって元気になりそうだよね。
Posted by milk@会社 at 2007年09月14日 08:34
山ねずみさ〜ん、ピークハンターもいいけど・・・たまにはこんな滝を見ながら癒されるのもいいですよ!
西沢渓谷は、滝を目的に歩くと言っても・・・
かなりなアップダウンがあり山歩きの気持ちで歩かないと最後まで歩けませんよ〜(^^ゞ
ここは、是非歩いてみる価値があると思います。

〜〜〜〜〜〜〜

milkちゃ〜ん、サンクス〜〜♪
milkちゃんも西沢渓谷を歩いてるんだね。
しかも紅葉の頃ですか〜〜

>紅葉の時期はそれはそれは凄い混み方でしたよ。
('-'*)(,_,*)ウンウン でしょうね〜
それなら新緑の頃がいいかもね〜ん!
Posted by カラッチ at 2007年09月14日 09:18
カラッチさん こんにちは〜
5段の滝を見てみたいんだけど、
結構長いコースだし、一方通行だと
聞いています。
しばらくは、カラッチさんの写真で我慢しよう。。

水の勢いに圧倒されそうな場所ですよね。
どーーーーーっと水が落ちる音が聞こえてきそう。
Posted by いく@しずおか at 2007年09月14日 14:49
いくちゃ〜ん、西沢渓谷見てくれて有難う〜

うんうん五段の滝まで結構長いですよね。
と言うか、渓谷への実際の入り口となる二股吊り橋までが長かったなぁ〜
 
カラッチ達が歩いた時には、一方通行では無かったですよ〜
でも紅葉とか新緑の時には、一方通行になるのかも・・・

>どーーーーーっと水が落ちる音が聞こえてきそう。
そうなの〜(^o^)  カラッチ達が歩いた時にも結構水の量あったから迫力ありましたよ〜(^^ゞ
Posted by カラッチ at 2007年09月14日 20:03
西沢渓谷がアップされてる〜♪

ここは、ハイキングと言うより散策気分の人が歩いて怪我したりするって聞いた事が有る。
スニーカーで来た人が滑るときも有るらしいよ。
私はヒカゲツツジの頃に歩いたけど、随分前で、色々忘れている事も多い。
改めてカラッチさんの写真見て、そうだ、こんな奇麗な所が有ったなぁ〜と思い出している。

決死の撮影、奇麗だわぁ〜(^^)
Posted by 山百合子 at 2007年09月14日 21:54
山百合さ〜ん、ウンウン散策気分で歩くような所では無いですよね〜
実は・・・カラッチ隊、スニーカーで歩いちゃったのだぁ〜(´`;
一箇所ヒヤッとした箇所がありました〜(汗)

山百合さん、ヒカゲツツジの頃に歩いたのね〜ん!
決死の覚悟の撮影・・・今思うとよくやったなぁ〜って思います。\(^^:;)
Posted by カラッチ at 2007年09月15日 00:14
ここ数日暑くて〜〜

ここで、マイナスイオンをたっぷり^^

レポも、雲取まで拝見させていただきました〜。楽しかったですよ。ありがとう!


たくさんの人と、どんどん仲良しになるカラッチ隊、お日様大明神・・人の輪大明神・・と、勝手に名づけておりまする。
Posted by ぴとこ at 2007年09月18日 09:46
ぴとこさ〜ん、本当に毎日暑いですね!
こちらでも連日30度を越す暑さ、今年は一体何時まで暑いのかしら〜ん。

少しは、マイナスイオンお届けできたかなぁ〜(^^ゞ
色々レポ見て頂き有難う〜〜♪

...((((ノ^^)ノ ウヒョヒョヒョ
カラッチがお日様大明神・人の輪大明神だって〜(o_ _)oドテッ
Posted by カラッチ at 2007年09月18日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55189686

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。